超音波メス法〜わきが治療・脇汗対策

Sponsored Link

超音波メス法

局所麻酔下に1cm程度の切開を加えて「超音波メス」を皮下に挿入、超音波で剥離と汗腺の除去を同時に行なうわきが手術法です。

 

超音波メスは、柔らかい組織を破壊して、固い血管や皮膚は残すので、柔らかいアポクリン汗腺を除去できるのです。
ただし、エクリン汗腺はアポクリン汗腺より皮膚の近くにあり、エクリン汗腺を確実に除去できるかどうか定かではありません。
したがって、多汗症に対しての効果は低いようです。

 

長所は、超音波の剥離ですと皮下の索状の構造は残るため完全に皮膚が剥離されません。
術後の皮膚片の位置のズレが起こりにくいこと、全体の傷の治りが早いこと、わきが手術後の出血が少なく、そのため圧迫や固定が軽くてよい等があげられます。特に傷痕が目立たないのがおすすめです。

 

短所としては、索状物周囲のアポクリン腺が残ること、アポクリン腺の分解を過度に行なうと皮膚の裏側から熱傷が生じることです。

 

このわきが手術で、最も大切なことは医師の技術です。

 

Sponsored Link