剪除法〜わきが治療・脇汗対策

Sponsored Link

剪除法

剪除法(せんじょほう)は、数あるわきが手術法の中で最も確実な治療法です。

 

脇のしわに沿って1ヶ所切開し、皮膚を裏返して、手術用のはさみで、皮下組織内のアポクリン汗腺を目で確認して、これを取り除きます。
アポクリン汗腺だけではなくエクリン汗腺も減らせる為、汗の量を減らすこともできます。

 

短所はやや傷が長いことと、十分止血しても「血腫」はある確率で生じること、アポクリン汗腺の範囲が広い人は、傷の治りに時間がかかる点です。

 

医師が直接目で確認できるのは切開法だけですので、長期的に見ても、大変効果が高く、重度のわきがに対して確実性の高い方法です。

 

また、保険適応のクリニックもあります。
ただし、どのあたりまで保険適応か、あとあと自費で請求されたりしないか、医師の技術はどうかなど、しっかり見極めることが大切です。
わきが治療は、完治というのが難しく、再発が本当に多いので、大きな傷跡だけが残った…というようなことにならないように、切開手術は慎重におこないましょう。

Sponsored Link