皮下組織削除法(稲葉式)〜わきが治療・脇汗対策

Sponsored Link

皮下組織削除法(稲葉式)

故稲葉博士が開発した「皮下組織削除器」を使用し、皮膚の裏側の原因組織を削り取る方法です。
故稲葉博士はこの治療方法を確立したことで、日本医師会より「最高優功賞」を受賞するなど、確実性の高い治療方法です。

 

「皮下組織削除器」は、ローラーに鋭利な刃のついたもので、腋に小さい切開を加え皮下を剥離し、この器具を挿入し皮膚のアポクリン汗腺とエクリン汗腺の一部を削りとります。
術後は「ダブルタイオーバー」と呼ばれる方法で、強固に圧迫します。

 

アポクリン汗腺だけでなくエクリン汗腺も除去できるので、ほとんど汗をかかなくできる最も確実で効果的な方法といえます。

 

短所は、真皮が削れるので血流が乏しくなり「血腫」や「感染合併症」を起こした場合、皮膚の「部分壊死」を生じやすいことです。

 

器具の操作に慣れていないと薄く削りすぎたり、汗腺が切開部周囲に残ったりするので、医師の技術の差が出ます。

 

Sponsored Link