アポクリン汗腺とエクリン汗腺〜わきが治療・脇汗対策

Sponsored Link

アポクリン汗腺とエクリン汗腺

私たちの体には、エクリン腺とアポクリン腺という汗を出す器官があります。
これを総称して汗腺(かんせん)と言います。

 

アポクリン汗腺は古い汗腺で、エクリン汗腺はより進化した汗腺といわれています。

 

エクリン腺
エクリン腺は産まれたときから口唇やまぶたを除くほとんどの皮膚組織に分布し、体温調整などの重要な働きをしている、生命維持には欠かせない汗腺です。

 

皮膚の表面から1〜3mmのところ、真皮層から皮下組織の上部にかけて存在し、その大きさはかなり小さく肉眼ではほとんどみえません。
多い人は約500万個、少ない人で約200万個、平均すると約350万個あります。
しかし、すべてのエクリン腺が汗を出すわけではなく、実際に活動しているのは半分程度で、この活動しているエクリン腺の量が、汗の量を左右し、体温調節のためにはたらいているのです。

 

エクリン腺から分泌される汗の成分は、その99%が水分、残りの1%には塩分・尿素・アンモニア・ミネラル(カルシウム)などが含まれています。

 

体の汗臭さの原因が、汗そのものにあると誤解されているようですが、エクリン腺から分泌される汗は、そのほとんどが水ですから、基本的に汗そのものが臭うということはありません。

 

 

アポクリン汗腺
脇の下や足の裏など、特定の部位にある汗腺で、主に緊張したときなどに汗を分泌します。

 

皮下組織の上部で毛穴と一致した所に存在し、その腺体は脇の下では肉眼で十分見えるほど大きいです。
アポクリン腺の役割は体温調節ではなく、においの原因となる汗を出すことです。

 

動物にとっては仲間同士の確認や異性をひきつけるフェロモンのような役割があるため、体臭は必要なもので、人間のにおいにも同じような役割があるとも言われています。
しかし、最近は、においに敏感な人が多く、アポクリン腺の分泌液のにおいは「わきが」と呼ばれて、すっかり嫌われています。

 

アポクリン腺の量は人種によって、また個人によってもかなり差があり、一般的には黒人・欧米人には多く、日本人や中国人には少ないと言われています。
アポクリン腺からの汗の成分は、塩分が少なくたんぱく質・脂質・糖質・アンモニア・ピルビン酸・鉄分などさまざまな成分が含まれており、粘り気があります。

 

アポクリン腺から分泌される汗は、多くの場合、強いストレスを感じた時に分泌されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link