ミョウバン〜わきが治療・脇汗対策

Sponsored Link

ミョウバン

ミョウバンは、漬物の発色剤などに使われる食品添加物です。
このミョウバンには体臭を消す作用があります。

 

ミョウバンは水に溶けると酸性になります。
においは皮膚表面の雑菌が汗の成分を分解することで発生します。
皮膚が酸性であれば、雑菌の繁殖が抑制され、結果的ににおいが抑えられるというわけです。
ミョウバンはには、制菌作用だけでなく、殺菌作用もあります。

 

また、ミョウバンには制汗作用もあります。
におい成分の含まれた汗を抑えることができれば、においも抑えることができるのです。

 

ミョウバン水

このミョウバンを使って、簡単なミョウバン水を作りましょう。

 

市販のミョウバン50gを1.5Lのペットボトルに入れ、水道水を加え軽く振ります。
ミョウバンが溶けない場合は、1日放置すれば溶けてしまいます。
これをガーゼに浸して、腋の下を拭いたり、スプレー器に移し替えて、直接皮膚にスプレーするのも良いでしょう。

 

より消臭作用を強くしたい場合は、水の代わりに、濃いめの緑茶を使います。
緑茶のカテキンには、強い植物消臭作用や殺菌作用があり、相乗効果が期待できます。

 

また、ミョウバン水のミョウバンのにおいが気になるようでしたら、レモン汁を加えると爽やかな香りになります。
ただし、効果を期待して、体全体や顔などにスプレーしないようにしましょう。
発汗作用を抑制して、体温調節に影響することもあります。

Sponsored Link