聖心美容外科〜わきが治療・脇汗対策

Sponsored Link

聖心美容外科

札幌院、東京院、横浜院、熱海院、名古屋院、大阪院、広島院、福岡院とあります。

マイクロリムーブ法

日本の民間クリニックで初めて当院が導入し、年間2,000例を超える症例実績。
米国ストライカー社製のマイクロシェービングコンソーラーと呼ばれる医療器具です。
ごく細いハンドピースの先端についたマイクロチップの回転エネルギーにより、まんべんなくアポクリン汗腺を粉砕、除去していきます。
わずか1cm程度の入り口から、高性能なワキガ治療器「マイクロシェービングコンソーラー」を挿入し、わきがの原因となるアポクリン汗腺を除去します。
傷跡もほとんど気にならず、再発の心配がない治療効果の高い方法です。
250,000円

 

反転剪除法

反転剪除法(切開法)は5cm程度切開し、汗の原因であるアポクリン腺、エクリン腺を取り除きます。
再発の心配は少ないのですが、大きな傷跡が残ります。
片わき=186,000円
両わき=310,000円

 

ボトックス注入

ボトックス注入は、汗の分泌を支配する神経をブロックすることで多汗症の症状を抑制する治療法です。
注入後、3〜4日目には効果が現れ、3〜6ヶ月程度持続します。
腋の汗だけでなく、手や足・額の汗の分泌も抑えることが可能です。
汗の気になる部位に注射をするだけですので、「手術をするのは心配」という方にも安心の多汗症治療です。
注入後の痛みや腫れ、副作用の心配も殆どありません。
わきが臭の原因となる汗の抑止によってにおいも抑えられるため、軽度のわきがの方にもおすすめです。
当院では、注入時の痛みを大幅に軽減する特殊な注射針「スクリューニードル」を使用しています。
1回=80,000円
再注入保証付=120,000円
年間フリーパス=240,000円(5回まで)

 

パースピレックス

1本(25ml)=4,800円
パースピレックス(Perspirex)は、特許処方により長時間、効果が持続する新しいタイプの制汗剤です。
汗を抑えたい部位(ワキ、手、足)に塗布すると、汗腺内の水分に反応。汗腺深部に角栓を作り「フタ」をすることで、発汗を物理的に抑制しま。
1回の使用で3〜5日間、汗の悩みとサヨナラできます。
香料不使用で、アレルギーのリスクを最小限に抑えられた処方。
衣類への色移りや白い筋が残ることもありません。

 

Sponsored Link