ワキガ(体臭・わきが)チェック〜わきが治療・脇汗対策

Sponsored Link

ワキガ(体臭・わきが)チェックリスト

自分が「ワキガ」だと思っていても実際は違う場合があります。
また、家族以外の他人には、「ワキガ」なのか尋ねにくいのも確かです。
簡単にできる「ワキガ」の自己チェック方法があります。

 

家族にワキガの人がいる
ワキガは優勢遺伝によってアポクリン汗腺の数などが左右されます。
優勢遺伝とは「優れたものが遺伝する」というものではなく、「受け継がれやすいもの」ということです。
そのため、片親がわきがの場合は約50%、両親がわきがの場合は約75%の割合で遺伝するともいわれています。

 

耳垢が湿っている
耳垢とわきがはとても深い関係があります。
かさかさしている、乾いた耳垢のタイプの方と、べっとりと湿った耳垢のタイプの方がいます。
アポクリン汗腺はワキの下や、耳穴、乳輪、外陰部などの特定された部位に存在する汗腺です。
湿った耳垢は、耳穴のアポクリン汗腺が活発で、いつも湿気を帯びているということになります。

 

湿り気の判断ですが、風呂上りや運動後、外気温が急激な変化、精神的に興奮や緊張をした場合には、アポクリン腺の活動を刺激したり、外耳の外側にあるエクリン腺の汗と混ざり合ってしまいますので、普段の状態で綿棒でそっとこするようにして判定してください。

 

通常、毎日耳の掃除をしていても綿棒に湿った耳垢が付くようでしたら、わきがの可能性が高いでしょう。

 

シャツに黄色い汗染みができる
洗濯をしても落ちない黄色い汗染みが残るようであれば、わきがの可能性があります。

 

毛深い
体毛が毛深い、また多いということは、毛の根元にあるアポクリン汗腺の数も多いということになるため、わきがになりやすいです。
毛根に汗や皮脂などの分泌物が付着し、細菌を繁殖させてしまうため、においが強くなってしまうこともあります。

 

女性では腋の毛が太く、1つの毛穴から毛が2本生えている確立が高い人にアポクリン汗腺が多くみられたり、男性では、猫毛のように細く欧米人のような腋の毛の人にアポクリン汗腺が多くみられる傾向があります。

 

寒い季節でも汗をかく
冬の寒いときであっても、汗をかくのは人より汗腺の活動が活発と言えるので、多汗症やわきがの可能性があります。

 

お肉や乳製品をよく食べる
動物性の脂肪をたくさん摂取すると、アポクリン汗腺からの分泌物に、においの元となる脂肪成分が加わって、においが強くなってしまう場合があります。
また、香辛料やスパイス類は汗腺を刺激して、汗が出やすくなるため、わきがの人はなるべく控えたほうがいい食べ物です。

 

他人に指摘された
においはなかなか、自分では気がつかないものです。
他人がにおいを感じたものが、単に汗臭いのか、服についているにおいなのかはわかりませんが、普段からにおいに対して気を使っているにもかかわらず、他人から指摘されるということは、わきがの可能性もあります。

 

ストレスを感じやすい
腋の下の分泌物の量が、ストレスを感じているときと、感じないときを比べると、2〜4倍近くに増えるという研究結果があり、ストレスは「わきが」臭を強くする原因の1つであることが判明しています。

 

以上のうち当てはまる項目が多い場合は、「わきが」体質の可能性があります。
気になる場合は医療機関を受診して相談するのもよいと思います。

 

 

Sponsored Link