汗(発汗)の種類〜わきが治療・脇汗対策

Sponsored Link

汗(発汗)の種類

人が汗をかくことを発汗といいます。
発汗の役割は、体温の調節ですが、そのほかにもあります。

 

温熱性発汗
暑いときに体温を下げるために汗をかくことを温熱性発汗といいます。
汗腺は自律神経によりコントロールされ、その自律神経をコントロールしている脳の視床下部が体温を約37度に保つようにと指令を出していますので、体温がこれ以上、上がりそうになると汗を分泌させて体温を調整します。

 

この自律神経の働きが低下し、温熱性発汗が行われないと、熱中症(熱射病、日射病)などになってしまうのです。
またこの温熱性発汗が過剰だからといって多汗症とはいいません。

 

精神性発汗
体温調節のためではなく、ストレスや緊張、不安といった精神的・心理的な問題が原因で、自律神経のうち交感神経が活発になったためにエクリン腺から汗が分泌されることです。

 

「冷や汗をかく」とか「手に汗を握る」というような場合は、 この精神性発汗となります。
精神性発汗は、額、わきの下、手のひら、足の裏、の個所に出るようです。
精神性発汗は緊張、ストレスや興奮、痛みを感じたときなど、誰にでもおこることで心配はありませんが、これが過剰な場合がいわゆる多汗症、特に局所性多汗症の大きな原因だと考えられています。

 

味覚性発汗
主に辛いものを食べたり飲んだ時に、額や鼻、頭などに汗をかくことです。
辛いもののほかに、甘いもの、すっぱいものを食べたり飲んだりした時にも、人によっては汗をかくことがあり、これも味覚性発汗とされます。

 

これは誰にでも起こることですが、この味覚性発汗が過剰な場合を特に味覚性多汗症と呼ぶこともあります。

Sponsored Link